習い事や私立にかかる費用


今の時代いろいろ大変です。特に教育に関してお金がかかるのは大変なことです。

小学校からいろいろ習い事をして、私立中学を目指すとなれば、塾に通わなければ合格は難しいです。

塾代はかなりの金額です。また公立中学に通うことにしても、将来大学に通いたいと思うお子さんをお持ちの家庭の場合、

より良い高校に進学させなければということになります。

その為にはやはり塾や家庭教師、通信教育などとお金をかけることになります。

そして公立高校に入ったとしても、塾にかよい続けるお子さんは少なくないと思います。

私立の高校に通った場合でも、塾にも通うお子さんはいます。

またスポーツを極めようとすれば、お金がかかります。

良いコーチのいるチームに入り、遠征をし、道具もいいものを使うことになると、スポーツにもよるでしょうが、

かなりの金額をかけることになります。そして大学に入るとなるのですが、そこでまたかなりの資金が必要となります。

国立の大学を目指すとしても、私立の大学を受け、合格となった大学に何十万円か納めておくのが普通ではないでしょうか。

ですので大学入学時は併願した大学に一時金を払い、国立を目指し合格すると国立大学にも入学金と授業料を払うことになります。

その金額は百万円を超えるものになります。その金額を用意できない場合、教育ローンを組むのがいいでしょう。

教育ローンのメリットは、用途が教育に限られますが、低金利で借りれるということです。

このほかの教育ローンのメリットとは親子リレーが可能なものがあります。

親も年金生活になると返済が大変ですから。また繰上げ返済ができるものもあります。

このように教育ローンのメリットはいろいろありますので、よく借り入れ条件を考え、返済に無理のないようにしたいものです。

コメントは受け付けていません。